男性の薄毛

豆乳からどれくらいイソフラボンが摂取できるか

大豆イソフラボンはその名の通り、大豆製品を摂取すれば大丈夫です。
ではどの商品から摂取することができるでしょうか。
代表的なものは納豆、味噌汁、豆乳などです。

ポイントは加工があまりなされていないものほど栄養が採れ易いですし、イソフラボンも多く含まれます。
どれだけイソフラボンが含まれているかというと、納豆1パックで65mg、豆乳125mgで69mg、大豆似50mgで30mgとなっています。
こうやってみても加工がなされていなければいないほど効果的に摂取できることが分かります。

とりわけ豆乳はすばらしいです。
ですから一日一杯の豆乳を続けることでイソフラボンを必要なだけ摂取http://www.infomercialratings.com/kaj.htmlでき健康になれます。
ではイソフラボンを豆乳で毎日きちんと摂取すればどんなメリットがあるのでしょうか。

ガンの発生率を下げられます。
日本や中国は大豆を食卓で多く摂ります。
また豆乳を飲む習慣もあるので、ガンの発生率が欧米に比べてはるかに低いのです。

これも研究で裏付けられています。
また血液中のコレステロール値を下げる効果があるので、生活習慣病の発生率を下げる効果もあるのです。
大豆料理は毎日簡単に摂取できます。
しかも、命に関わる病気から私たちを守ってくれます。
健康と美容に非常に効果的なのです。

このページの先頭へ