男性の薄毛

一日に摂取するべきイソフラボンの量

体にいいと言われるイソフラボンですが、一日にどれくらい摂取するのが体にとってベストなのでしょうか。
まずどのように摂取するかが大切です。
サプリメントなどで補いたいと思うときは、30mgまでと決まっています。

ですからこれを目安にするべきです。
普段、食べ物から摂取する時に関しては大体70~75mgとされています。
この量は何をどれくらい食べれば摂取できるのでしょうか。

これは納豆1パック、三食に付く味噌汁でクリアー出来てしまうほどの量です。
ですから実はそんなに意識しなくても採れてしまう量なのです。
また豆乳好きな方なら、一日に一杯飲むと思われますが、それでも大体この量は摂取できます。

それだけ日本人の食生活に大豆は根付いていると言えます。
しかし、もしもっと分かりやすく作用させたいので、たくさん摂取したいと感じるかもしれません。
しかし、150mgを超えてくると過剰摂取となります。
過剰摂取http://kan-ya.jp/kagyousextusyu.htmlすると、女性ホルモンのバランスが崩れたり、体に逆に悪い影響が及ぶこともあるので摂取する目安を理解しておくことは非常に大切です。
またサプリメントも効果的ですが、一番良いのは自然な形で摂取することなので、大豆イソフラボンが含まれる食物を一日に一品は食べることができます。

このページの先頭へ