男性の薄毛

イソフラボンと乳がん発生率

何にでも効くとさせる植物の肉とも呼ばれる大豆イソフラボンですが、実際に乳がんにはどんな効果があるのでしょうか。
参考にできるのがある調査結果です。
乳がんにかかってしまった人に食事調査を行ったところ、意外な事実が発覚しました。

毎日味噌汁を飲んでいる人は異常なほど乳がんの発生率が低かったのです。
これが何を指しているかというと、味噌汁が乳がん対策に向いているということです。
では味噌汁の原料は何かと言う話になりますが、それが大豆というわけです。

しかし、味噌汁には塩分が多く含まれるため、もし一日に4杯以上となると、塩分を摂り過ぎてしまうことも考えられます。
ですからバランスよく大豆イソフラボンを摂取http://galgame.jp/anime.htmlすることが大切です。
調査の結果から、大豆イソフラボンには乳がんを抑える働きがあることが認められています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれるため、女性ホルモンの欠乏を補い、更には女性ホルモンの分泌過剰も抑制してくれるのです。
女性ホルモンが過剰に分泌されることで引き起こされるこの病気を、上手に女性ホルモンをコントロールすることで抑えることができるのです。
乳がんの発生率とイソフラボンの摂取は大きく関係しています。

このページの先頭へ