男性の薄毛

骨粗鬆症になる前にイソフラボンを摂取する

骨粗鬆症という病気を聞いたことがあるかもしれません。
見た目には分からない病気ですが、骨の中身がカスカスになってしまい、骨折しやすくなってしまう病気です。
本当に些細なことでもすぐに骨折してしまうので、生活に大きな支障をもたらす病気のひとつであると言えます。

ではどうしてこの病気にかかってしまうのかという点ですが、骨代謝に異常が起きてしまうと、この病気にかかります。
骨はカルシウムでできています。
ですから子供の頃から牛乳や小魚を摂取し、カルシウムを蓄積するよう勧められているのです。

そして骨はカラダのために、必要に応じてカルシウムを血液中に流しだすという重要な役割も果たしています。
骨は常に働いています。
一方でカルシウムを吸収し、もう一方で、供給しないといけないのです。

このバランスが普段は保たれているのですが供給に傾きすぎると、骨代謝以上になり、骨粗鬆症になってしまいます。
この状況を予防するためにできることがカルシウムを摂取することと、イソフラボンを摂取して体内カルシウムをコントロールすることです。
骨形成を促進してくれる働きが出来るので骨からカルシウムを出さないようにしてくれるのです。
ですから骨粗鬆症対策にイソフラボンを摂取できます。

このページの先頭へ