男性の薄毛

大豆イソフラボンと更年期障害の関係

更年期障害の原因はホルモン不足が挙げられます。
女性の場合、体内で女性ホルモンが作られるわけですが、若いうちは問題なく分泌されるわけですが、歳をとると、この分泌の効率が悪くなります。
そうするとホルモンのバランスが崩れ、体に障害が及ぶことあります。

更年期障害はここからやってきます。
ですから治療となるとまず挙げられるのが女性ホルモンの補充療法です。
しかし、ホルモンと聞くだけで少し不安になってしまう気持ちも分かります。

ですからお医者さんとよく話し、納得した上で治療を始めることが大切です。
もし病院での治療、ホルモン補充が少し不安なら、普段家にいながらにしてできる事があります。
それが大豆イソフラボンの摂取です。

大豆の胚芽部分に多く含まれます。
その中に含まれるフラボノイドが女性ホルモンの様な働きをしてくれます。
つまりこの大豆から摂取できるのです。

これが更年期障害にも効果的http://www.beens-architect.jp/kounennkidyougai.htmlでしかも安心して利用できますし、自分で簡単に摂取できるメリットがあります。
このイソフラボンにも型があります。
より効果的に摂取したいのであれば、周りの糖をはがした状態になっているアグリコン型がより効果的です。
サプリメントや味噌汁で摂取できます。

このページの先頭へ