男性の薄毛

子供が大人の様にイソフラボンを摂取しても大丈夫?

健康と美容に大きな力を発揮してくれるイソフラボン、当然親としては子供にも摂取して欲しいと願います。
とりわけ女性ホルモンと同じ働きをしてくれるので、ニキビ、アトピーなどの肌の疾患にも効果的です。
しかし、食品安全委員会によると、15才未満はサプリメントhttp://muine-player.org/sup.htmlなどでイソフラボンを摂取することを推奨していません。

なぜなら女性ホルモンと同じ働きをするので、ホルモンバランスが崩れる可能性があります。
そうすると、発達途上にある子供のカラダは、どうしても大きく反応してしまうのです。
とりわけ生殖器に問題が出ると言われています。

動物の実験データでこの裏付けがなされています。
ですから、15歳未満の子に過剰にイソフラボンを摂取させるのは危険なことです。
しかし、面白いのが食物から摂取することに関しては、何の問題もありません。

ですから、できれば、毎日準備する食事の中で大豆が含まれるおかずを準備できます。
納豆、煮物、豆腐、油揚げなどを毎日の食卓で一品は準備するなら、十分の栄養を摂取することができます。
これは難しいことではありません。
また大豆には他にもカルシウムなど、子供の成長を助ける上で必要な栄養素がたくさん含まれています。
食物から摂取するようにしましょう。
また、子供の成長を助ける栄養素にアラキドン酸というものもあります。
こちらは普段の食事からも摂取できますが、アラキドン酸サプリから摂るのが効果的です。

このページの先頭へ