男性の薄毛

体がイソフラボンを吸収する仕組み

イソフラボンにも種類があります。
その種類によって吸収のされ方が異なってきます。
まず、グリコシド型です。

これは普通の大豆製品に含まれるタイプのもので、納豆、豆乳を摂取すると、大体この型になります。
しかしイソフラボンの周りには糖がくっついているので、まず腸の中の細菌でこの糖が分解されなければなりません。
分解されて初めて吸収することができます。

グリコシド型の場合、吸収までに大体6~8時間ほどかかります。
また腸の分解率も人によって異なることを覚えておかなければなりません。
もう一つがアグリコン型http://www.mp3lerim.org/agurikonngata.htmlです。

これは産婦人科のお医者さんなどがサプリメントで勧める時に利用するものです。
この場合、イソフラボンの周りの糖がすでにのぞき去られているので、吸収率が非常に高く効果的に摂取できます。
約2時間ほどで吸収できます。

大豆製品でいうと、味噌汁がアグリコン型です。
これらの点を考えると、一口にイソフラボンと言っても、種類があります。
ですからより効果的に摂取するためには、アグリコン型を選ぶことができます。

正しい知識を身につければ、更なる効果を期待できます。
イソフラボンの周りについている糖がポイントになります。
より効果的に摂取しましょう。

このページの先頭へ