男性の薄毛

イソフラボンは摂取しすぎると副作用があるのか

カラダで生成できなくなった女性ホルモンを植物から補うことができるのが、イソフラボンです。
しかし、問題は女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、体外から大量に摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことが実際にありえます。
エストロゲンの分泌が妨げられてしまうのです。

こうすると、美容と健康のために行っていたイソフラボンの摂取が逆効果になります。
乳がんの危険性が高くなったり、胃腸の調子が悪くなったり、カラダの様々な部分で悪影響がでてきてしまいます。
しかし、安心できる点としては、食物から摂取する分には過剰摂取の心配はいりません。

体が上手に処理してくれます。
目安としては、一日に75mgほどです。
これは納豆1パック、豆腐、油揚げでクリアーできてしまうほどの摂取量です。

最近はサプリメントhttp://www.civilitasresearch.com/siyou.htmlが非常に人気を集めていますが、このようなものから摂取する場合は、一日30gほどで抑える必要があります。
そうでないと他の食物からも多く摂取することで、カラダが反応してしまいます。
私たちのカラダは非常によくできています。
やはり自然の食べ物からイソフラボンを摂取するのが一番賢い方法であると言えます。
また副作用というか、摂りすぎから問題が起こることも有り得ることを覚えておくべきです。

このページの先頭へ